So-net無料ブログ作成

左手用カメラ [有ったらいいな!]

利き腕の右手が上手く働かない僕のようなモンには、左手用のカメラが欲しいと探してもどこにも無い。 シンプルなゴルフクラブと違って、右手用左手用を作るとコストがほぼ倍になるからだろう。 カメラは大体がグリップもシャッター・ボタンも右側に付いている。 僕のように右手が使えないモンには、左手をフルート演奏のように、カメラの下側で体の前を交差させカメラのグリップを持つしかない。そして、同じ手の指でシャッター・ボタンも押す。

ピストル型グリップや、ビデオ・カメラのように左手に手の指をベルトで巻きつけるタイプのカメラもあるが、右手でシャッター・ボタンは変わらない。 幸か不幸か、一眼レフのような重たいカメラも使えない。 CASIOcamera.jpg フルート持ちカメラに困るのは、広角レンズとフラッシュ・バルブの位置である。CANONのように最左側にフラッシュ・バルブが付いていれば良いが、CASIOのようにレンズとシャッター・ボタンの間に位置すると、カメラを持った手でフラッシュの光を覆って遮リやすい。 広角レンズでは持った手が視野に入り易いなど、健常者には分からない苦労がある。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

加藤孝男

もう左手でカメラを扱うのに慣れたでしょうか。

私もカシオを使っています。左手で操作は大変でした。モニタ見にくい。
片手だと、中指使ってシャッター切っても力が入ってぶれてしまいます。
最近、夜景を摂って知ったのですが、1/60秒より長いとぶれるのでISOを上げて、1/60程度にして摂る方法を知りました。半押し状態でスピードが表示されます。タイマーを使って、シャター時のブレを避けています。押してから、被写体に向けるても間に合います。摂りたい瞬間は逃がしてしまいますが、、、

屋外で取れば、複数枚とれば、失敗は殆ど無いと思います。

by 加藤孝男 (2015-05-15 12:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。