So-net無料ブログ作成

現代俳句の基礎用語という名の本 [老いて学べること]

現代俳句の基礎用語という本

 俳人石寒太さんの、(これだけはしっておきたい)という副題のついたなんだか厳しい題名の本だが、教科書ではないことがすぐに知れる。 「俳句って何」という初級編、「俳句が面白くなる」とまとめた中級編、「歴史やキーワードを知ろう」と結んだ上級編とも今までの俳句書が語っていないザックバランな俳句界散歩でもある。
kiso0001.jpg
 例えばワシもいろいろな人の編んだ歳時記を眺めてきて、芭蕉や正岡子規や高浜虚子などのいわば古典的な大御所は言うに及ばず、ただ自分が好きで共感ができる中村草田男とか石田波郷とか真砂女などの面々が、いろいろな系譜の流れに乗っていることを初めて教えてくれた幅広い啓蒙本でもある。 ワシは句作というよりも同じく石寒太さんの「俳句日録」のように暦の日々に歳時記のように取り上げた句を鑑賞するのが愉しいという向きには必読の書だと言って良いだろう。 ワシにはもう手放せないお手本である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。