So-net無料ブログ作成
検索選択

アラサンジュのカラオケ手習い [スロウな感動]

  アラサンジュのカラオケ手習い

 ワガ第1クラブ(老人会)には色々な部会がある。 対外活動が盛んな「女子コーラス部」、人数が多いと聞いている「歴史散歩部」、「囲碁部」、 自分たちの「グラウンドゴルフ部」、熱心なリーダーにもかかわらず参加者が集まらない 「カラオケ部」などなど。

 グラウンドゴルフ部に、熱心なオバハン2人がカラオケ部と掛け持ちしていて、ワシラを熱心に勧誘する。 第1クラブの懇親会でいつも隣り合わせに座るQ大の先輩に話しかけたら、「君が入るなら参加するよ」ということになって、第2,第4月曜日午後の週2回、電動カートで坂道下の町内会館で練習する。

 飲まないでカラオケしたことがないし、片麻痺で声帯コントロールも異常があるらしく、 キーが定まらないし、音程が昔のようには制御出来ない。 それでも、嫌々毎回歌っているうちに、少しは[昔の歌を思い出す」のである。 リーダーオジさんが今年87歳のハリキリボーイで、数年前胃を全摘したのだと聞いて、その情熱に ほだされて、今まで歌ったことがなかった演歌を手がけている次第。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。