So-net無料ブログ作成

Windows7に変えてから [スーパー・エイジのPC道楽]

 新しくソフトを買わなくて済むように、Windows7でも(32ビットのXPモード・プリインストール)を調達したが、HPビルダーというソフトは使えないことが分かった。  新しくHP編集ソフトを買う羽目になった。本日、新しいソフトと格闘して、今インターネットで動いている3つのホームページを更新することが出来た。

「アトリエ家庭菜園」、http://www.geocities.jp/pcwnh186 「kamomeESS」, http://www.geocities.jp/kamome396 「三宅明記念ギャラリー」, http://www.geocities.jp/meikakai である。

これで一安心だ! 新しいパソコンは早くて安定していて気持ちが良い。

パソコン更新の決断? [スーパー・エイジのPC道楽]

2年前に大腸がんが見つかってから、一旦は覚悟したが、まだ生き長らえている。 windows XPがフェーズアウトするのが、2014年4月だというから、そこまでは現在のデスクトップとノートの2台のXPマシーンでお茶を濁すつもりでいたが、どうもこの分だと来年の春以降もホームページを維持することになりそうだ。

そうなると、中古のマシーンを探すのも難しい。第一にもうwindows7 の趨勢は64ビット時代になっている。 そうすると、今まで営々と貯めてきたホームページビルダーほかのソフト類がほとんど使えなくなる。 残りわずかな余命に新規にソフトを足すのは無駄と言うものだ。 今のところ適うのは、DELLの32ビットwindows7でXPモードプリインストール済みマシーンしかない。 若ければやり直しの手も有ろうが・・・。

インターネットで検討した挙句、少し早いが、注文を掛けた。この手は品不足になってからでは遅い。 3日目には入荷した。今まで騙しだまし使いこなしてきた、オンボロマシーンから上手く引き継いで、おさらばする作業が楽しめる。

nice!(0)  コメント(0) 

左手用カメラ [有ったらいいな!]

利き腕の右手が上手く働かない僕のようなモンには、左手用のカメラが欲しいと探してもどこにも無い。 シンプルなゴルフクラブと違って、右手用左手用を作るとコストがほぼ倍になるからだろう。 カメラは大体がグリップもシャッター・ボタンも右側に付いている。 僕のように右手が使えないモンには、左手をフルート演奏のように、カメラの下側で体の前を交差させカメラのグリップを持つしかない。そして、同じ手の指でシャッター・ボタンも押す。

ピストル型グリップや、ビデオ・カメラのように左手に手の指をベルトで巻きつけるタイプのカメラもあるが、右手でシャッター・ボタンは変わらない。 幸か不幸か、一眼レフのような重たいカメラも使えない。 CASIOcamera.jpg フルート持ちカメラに困るのは、広角レンズとフラッシュ・バルブの位置である。CANONのように最左側にフラッシュ・バルブが付いていれば良いが、CASIOのようにレンズとシャッター・ボタンの間に位置すると、カメラを持った手でフラッシュの光を覆って遮リやすい。 広角レンズでは持った手が視野に入り易いなど、健常者には分からない苦労がある。

カメラ・ダウン [スロウな感動]

今まで使ってきた2個のカメラの内、カシオのEX-Z1200というカメラがダウンした。 もう1つのcanonのPowershotーA530は健在だが、どちらも広角レンズでない。

EX-Z1200がダウンしたのは過充電でバッテリーがダウンしたようだ。 このカメラのバッテリーはこのカメラ用の特殊な専用バッテリーだから、大枚をはたいて買わなければならない。 広角レンズのカメラが欲しいと思っていたから、カメラを買い換えた方がいいかも知れない。
A1400.jpg
旅先での電池切れには何度か悩ませられたので、腕時計と同じくバッテリーで縛られるカメラはいやだ。 広角レンズと単3電池仕様で安いこと、左手片手で使うからレンズと右側のシャッターボタンの間にフラッシュバルブ窓がある機種はまずい(カシオはこの点でも失敗だった)。そして、1万円以下で買える事! カタログを熟読してPowershotA1400を選んだ。もう1つの候補はPowershotA210があったが少し高い。 Amasonで注文したら、2日後には到着した。 小さくて軽いから片手サウスポー・カメラマンには満足である。
nice!(0)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。