So-net無料ブログ作成

現代俳句の基礎用語という名の本 [老いて学べること]

現代俳句の基礎用語という本

 俳人石寒太さんの、(これだけはしっておきたい)という副題のついたなんだか厳しい題名の本だが、教科書ではないことがすぐに知れる。 「俳句って何」という初級編、「俳句が面白くなる」とまとめた中級編、「歴史やキーワードを知ろう」と結んだ上級編とも今までの俳句書が語っていないザックバランな俳句界散歩でもある。
kiso0001.jpg
 例えばワシもいろいろな人の編んだ歳時記を眺めてきて、芭蕉や正岡子規や高浜虚子などのいわば古典的な大御所は言うに及ばず、ただ自分が好きで共感ができる中村草田男とか石田波郷とか真砂女などの面々が、いろいろな系譜の流れに乗っていることを初めて教えてくれた幅広い啓蒙本でもある。 ワシは句作というよりも同じく石寒太さんの「俳句日録」のように暦の日々に歳時記のように取り上げた句を鑑賞するのが愉しいという向きには必読の書だと言って良いだろう。 ワシにはもう手放せないお手本である。

石寒太の「命の一句」を読む [スロウな感動]

      石寒太の「命の一句」を読む

 俳人石寒太は不思議な人である。ワシも今まで殆んど著作も読んでこなかった。 氏の来歴を調べると、生まれた年の1943年静岡生まれと本名が石倉昌治と知れるだけで、俳人になってからの活動しか分からない。 それでいいのだと思うが、他の人とは生き方が違うと言っているように思える。

 氏の著作を初めて読んだのは(これだけは知っておきたい)と副題がついた「現代俳句の基礎用語」である。 この本のことはまた別に書くとして「命の一句」を取り上げよう。 近世期のいろいろなジャンルの人々、例を挙げると夏目雅子や寺山修司、渥美清や正岡子規までいろいろな人々の「命」を詠った句を氏の感性で集め、また小さい自然の中での命の儚さ悲しさを集めた、好著である。
003inoti.jpg

 これを読むと、それぞれの人生の達人たちが必死で悩みかなしみ喜びを持って格闘してきたかを、グサリとあるいはシミジミと感じさせてくれる。
ワシにもこのような句が一句でも残すことができればよいのだが、夢だけが関の山・・・。

吉村 昭の「碇星」を読む [スロウな感動]

   吉村 昭の「碇星」を読む

 吉村昭氏はワシの9歳年上の作家だが、その著作が当初「戦艦武蔵」や「関東大震災」などドキュメントが多かったのであまり読んでいなかった。 また小説家津村節子のご主人であることも知っていたので一回り年上の世代の文も読んでみたかった。001ikari.jpg

 この「碇星」は氏の晩年、男の人生の様々な晩年の心境を捉えた短編小説で構成されている。 いずれも人生のどこにもありそうな定年や伴侶との死別などに向かった身辺や心持ちを淡々と描いている。 いずれも読後感が静かで爽やかで、氏の慈しみの眼差しが感じられる。

 自分もこのような慈しみの心で淡々と自他の人生を捉えられると良いのだが、なかなか到達できない娑婆ごころである。


 

時には紙の本を [スロウな感動]

  時には紙の本を

 雨ばかり続くとパソコンに向かう時間が長くなり目が疲れてしようがない。 輝度が高い液晶のホワイトが目を刺激する。パソコン用のブルー光線カットメガネが欲しい。 そんな時には紙の本が読みたい。 しかし新本は高いので図書館に頼りたいが、最寄りの2つの図書館へはどっちも約6kmでバスで行っても1kmほどは歩かねばならん。 一時は図書館をと思い立ったが、電動カートで本を借りに行き2週間後に返しに行くのが天気に左右されるし辛いから、またインターネットで安い文庫本古本を買う方式にカムバックした。 特異な本でなければ送料込みで400円から257円で買える。 Amazonだと関東地区の一律送料が256円で古本は1円というのが珍しくない。

002fune.jpg
 2012年の本屋大賞1位を獲得した三浦しおん氏の「舟を編む」という殆んど新品文庫本を300円で買って読んだ。 やはり目にやさしい紙の本が一番。初めの30ページ位を読む内にたちまち話に引き込まれてそれこそ寝食忘れてアッという間に読了。 出版社の営業部門の主人公が言葉に鋭いセンスだけを持って引き抜かれ、世渡りベタながら新辞書編編集の旅に出る。 定年間近の先輩編集者や日本語研究一筋の老学者、熟練の編集部の女史先輩などが次第に新辞書完成に一丸となる過程が楽しく描かれ、ついには人生の伴侶を得るに至る。 スマートに生きられない不器用な人々の思いが伝わってくる後味豊かな物語で近年稀な好感書である。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。