So-net無料ブログ作成
検索選択
人生塞翁が馬 ブログトップ

Timberland [人生塞翁が馬]

Timberland ワガ町最寄りのJR洋光台駅からJR大船駅で東海道線に乗り換え辻堂駅は5駅目だ。 乗車時間は30分もかからない。 今ドンドン周辺が開発途上にある辻堂駅は元々快速も止まらない海岸の静かな小駅だった。 友人も沢山いたが、その頃は車で行っていたから、木造の小駅時代はなじみがない。 駅の北側が工場移転で出来た空き地が湘南マーレはじめ大規模施設ビルが立ち並ぶ街に変わった。 元々あった商店街の呉服屋さんと馴染みがあって、350円の片道電車賃を払って時々行っていたカミさんに付いてチンバのワシも時々行った。 身障者割引で二人行っても同じ運賃だから。 湘南マーレ出来立ての頃、Timberlandというテナント店を見つけた。アメリカのスポ-ツ用品大手だと知った。 物好きのワシは遊び心で背負いベルトにTimberlandと刺しゅうが入ったリュックザックを買ってもらった。 TimbaのワシにTimberlandのリュック 似合いじゃないか! DSCN0607.JPG

もしも北海道恵庭に住んでいたら [人生塞翁が馬]

一度は、老後に北海道の恵庭市に住もうかと思っていたことがある。 赴任先で単身赴任にはでか過ぎる4LDK以上のマンション社宅に、住んだが、勿体無いので、小さいマンションを買った。 バブル期の前で街にホテルを建設する話が持ち上がって、街を上げて投資気分があった。 そのうち、バブルが弾けて、急に銀行がおかしくなって、倒産騒ぎになりホテル計画も挫折して、投資もパアになった。

あの小さいマンションにそのまま今すんでいると仮定しょう。 病院の検診は何時もの通り、恵庭病院である。自宅マンションから車で15分ほどだが、今だとタクシーかバスだが、バス便は当時は無かった。 JRで一駅あるから、電動カートで通うには少し無理がある。近くの第1病院に変えるのが妥当だろう。
日ごろの買い物は近くに大きいスーパーがあったから、経営者は変わっているとしても今でもまだあるだろう。 夏は花火はマンションベランダから眼下に見えるし、温泉も電動カートで行けるから、毎日温泉に入れる。
JR駅までカートで行けるから、札幌に遊びに行くには快速電車で30分である。千歳→恵庭と快速も停まり、札幌は近い。

問題は冬の雪である。雪かきはしなくても良いだろうが、スキーも出来ない身障者が出歩くには無理だから、近くのカフェや飲み屋に行くことになる。温泉に行くにもタクシーしかないからビンボー年金者には住みずらい。

nice!(0)  コメント(0) 

もしも故郷に住んだら [人生塞翁が馬]

僕が今の身体の状態のまま、故郷に住んでいるとしよう。 今日11時半に長門病院の定期診察があるとする。高校のとき住んでいた親父の家にいる僕は、免許返納だから多分家の前にバス停がある長門行きバスに乗るだろう。 長門に着くと長門病院行きバスがあるだろう。処方が病院でも出来るなら、薬を受け取って、帰りも同じようにバスで帰る。バス代は市が払ってくれるだろう。

偶には油谷に住む従兄弟たちに会いに行きたい。弟や弟家族に車で送り迎えが頼める便があればよいが、普通は下りバスでJR人丸駅まで行き、タクシーで渡場まで行く。タクシーは高いから歩きたいが生憎今の僕には1km以上は歩けないから、電話をかけて誰か迎えに来てもらえれば行くし、忙しいなら人丸駅周辺で絵でも描いて帰りのバスを待つ。

帰りに、長門古市駅前で降りて、近くのスーパーマーケットに時間をかけて歩いて行き、新しい魚でもあれば買って次の1時間後のバスを待つ。
故郷ではカートは古市に行き来するだけに使えるだろう。後は、長門市に行き来には走行距離や時間など性能的には使えようが、途中で車にはねられる危険と、所要時間から使えないだろう。 ましてや、千畳敷の景色を見に行くなんてことは、誰かに連れて行ってもらわない限り、無理である。

くじ運 [人生塞翁が馬]

 昔も今も籤や懸賞に当たったことがない。たった一度例外があるだけである。札幌で100円のスクラッチ籤を買ったら、その場で3万円を貰った。びっくりして、せっかく買ったのだからと、もう一枚買ったらまた当たった。寒いクリスマスの夜、ススキノで人を待っていたときである。こんな確率のものかと思っていたら、こんなことは滅多にないという。

 懸賞に応募するのが趣味だが、この頃は自分の名で50円切手を貼って応募ハガキ出すことは少ない。大抵、息子か家内の名で出す。自分にクジ運はないと決めているからである。

20101118-canon-meika.jpg 今度もそうだった。ある日、書斎に座っているとき、宅配業者のトラックが来てベルを押しているのが見えた。 荷物を降す気配もない。玄関に出てみると、1.5m×25cm×25cmくらいのダンボール箱をトラックの荷台から見せて、受け取りますか?と聞く。「何ですか?」と聞き返すと「ジン宛にfreedSPIKEからです」と言う。ちょうど家内は外出中だったので、「いいよ」といったら更にもっと大きいダンボール箱を運び込む。何個口かと聞けば、5個口だという。家内は何を買ったのだろう? 

 思い出したのは、ホンダカードの「ご飯セットキャンペーン」懸賞だった。布張りのキャプテンチェアー2脚、キャンプテーブルとテーブルの日除けターフ、大きなガスボンベクッキングコンロが揃った野外食卓セットだ! 脚が悪くなって以来、庭でバーベキュウをすることもなくなったが・・・・・。  孫たちも、庭に蚊が出るのを嫌って滅多に降りてこないし・・・・・・。 これを機会に蚊退治でもして、もう一度孫たちとバーベキュウ会でもやろうかな、なんて思っているが・・・・。

 そのうち、孫たちがキャンプにでも持って行って、バーベキュウを楽しんでくれれば、それでいいが、当面置く場所に困るなあ。
人生塞翁が馬 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。