So-net無料ブログ作成
やまおくくらしたいけん ブログトップ

はいたねんぶつ [やまおくくらしたいけん]

12月30日の「ねんまつはいた」対策で、服用のantibiotics(抗生物質)の錠剤フロモックス100が底を尽いて「後は天任せ」と覚悟したが、ありがたいことに、以来今日3日夕まで痛みは消えた。

31日の買い物、1日の寝正月、2日の孫たちとの「手巻き寿司」会食、2日、3日の「大学箱根駅伝大会」のTV鑑賞などなどは歯痛も無くて無事だった。ありがたいことだ。


ねんまつはいた [やまおくくらしたいけん]

いま自分は年老いて便利な都会に暮らしている。幸い、まだ自分で動けるから、自分でバス停のバスの時刻表を調べ、大抵の近辺に行き通院でも用事でも済ませることができる。 しかし、田舎に住んでいる老人たちは、バス便も少ないだろうし、通院も用事も一日掛りだろう。 どうにかして上げたいものだが、人が少ないから経済性のため無視せざるを得ないだろう。

期せずして、いま山奥同様の暮らしを経験している。2,3日前から入れ歯を支えている下顎の歯の全体の付近に少し違和感があった。たいしたことは無いだろうと、高をくくっていたのがいけなかった。 しばらく調子が良かったから、歯医者も年末新年休暇に入ることを忘れていたのだ。

12月28日の夕方になって急に下の歯全体が痛み出した。どの歯が痛いのか、特定できないし、歯茎か歯なのかも分からない。歯茎に腫れがあるとも思えない。1月4日にならないと、歯医者も開かないだろう。 正月中、「ねんまつはいた」を抱えては居られないだろう。 しかも、化膿が始まると万事休す、自分で出来ることは何でもやってみるしかない。

腰痛対策に、痛み止めの錠剤ロキソニン100がある。とりあえず1錠飲むと痛みは止まった。 しかし、半日経つとまた痛みがぶり返す。経験的に歯茎が化膿すると怖い。 何かantibiotic(抗生物質)が無いか。医者に行けば問題無いだろうが、年末休みだ。

薬箱をかき回して探すと、幸い以前抜歯のときに貰ったフロモックス100錠が5個あった。 29日02:00に1錠服用してから、8時間毎に1錠服用することに決めた。勿論、インターネットで薬剤の注意事項は調べた。痛みが少ないときはロキソニンは服用を控えた。 30日夕方、最後の1錠のフロモックス服用を終えた。 正月が明けるまで山奥に居るのとおなじ体験なのである。 明日の早朝で化膿の制圧効果は切れるだろう。 後は天まかせだ。
やまおくくらしたいけん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。