So-net無料ブログ作成
検索選択

「脳と創造性」という講義が終わった [老人性固陋の排除のために]

「脳と創造性」という講義が終わった

4週間続いた「脳と創造性」という講義が終わった。 ワシにとっては予想外な脳科学の展開であった。 脳科学というのは頭、脳の周りに、たくさんの電極センサーを取り付けて測定するという時代遅れの認識があったがこの講義で一転払拭された。

創造性が生まれる場所というか場面を考察するに: 先ず「フロー」から生まれること、多くは「歩くこと」から生まれること、セレンデピティ状態からという、そしてドットとドットを結べという。

かいつまんで言うと、創造性は、やることが愉しくて無我状態になり、リラックスな散歩の時に、思いもかけないおとぎ話のように突然、突然の思い付きに勘定のタグを付けた時に、生まれるというのだ。 これらはそれぞれ経験的に言われていたこととも言えるが、それぞれに研究のエビデンスがあるというから凄いと思う。 「3A」が大切だという。Action行動、Acknowledge気付き、Accept受容。

ワシの脳の働きや癖を考えながら、創造性が出るような状態を作るつもりで、生きていこう。 一つ助かった思いは、ワシの過去の大失敗や後悔の念と反省が、以後の成長に多くく寄与している筈だと言われたことである。

脳と創造性というテーマ [老人性固陋の排除のために]

脳のひらめきの仕組みを考えるのは特別なことではないような気がする。 茂木健一郎さんがそう言われるからソウダとすんなり納得する。 ひらめきは脳の働きの中の規則性とランダム性のネットワークとから生まれる。つまり雑音がなければ生まれないという。 [ひらめき] また、猿のような動物がグルーミング(毛づくろい)を通じて何匹の相手とネットワークを持つかという研究をした人がいるという。人間の場合、グルーミングに相当するのは会話で、例えば日頃の付き合いの範囲や、年賀状交歓などの相手数を考えれば、大体150前後というのが妥当だろうと。 ひらめきのネットワークもまたそのようなスモールネットワークから生まれるというのである。 つまりがひらめきは極優秀な人の脳がひとつ働いて生まれるものではなく人が持っているそれぞれのスモールネットワークの中から生まれるという。

「デザインへのまなざし」という眼差し [デザインへのまなざし]

美術音楽といった芸術系の大学のキャリキュラムについては全く想像がつかない

が、京都造形芸術大学のこの「デザインへのまなざし」という講座を聴取して、講座の副題となっている「豊かに生きるための思考術」の目指すところが少しは分かったような気がする

「脳のひらめき」のように聴いてすぐ分かるというものではないが、デザイン主導主義、ユーザー主導主義と2つの大きいデザインを考えるスタンスは解り易い

後半に差し掛かるが、期待するところ大である。

CASIOcamera.jpg

「脳と創造性」という世界とは [老いて学べること]

 インターネットの出現に依って、学びの道にも、昔は考えられなかった革命が起こっている。 インターネットの出現そのものの歴史も、ワシは去年インターネットの創始者グループの一人と言って良い慶応大学の村井先生のインターネット講座で詳しく学んだのだが、今も発展し続けるその経過と世界の関わりは今世紀人類が獲得した究極の文化と思われる。

 その御蔭に依って、今始まった講義に有名な脳科学者茂木先生の「脳と創造性」という興味深いテーマの研究の一端に、自宅のパソコンの前に居ながら触れることが出来る。 まだ始まったばかりで全4週の1週が終わったばかりだが、これから先日本が創造性で世界をリードして行くには、「ブルーオーシャン」に向かって「ひらめき」を脳から得ること、が肝心ではないかと仰る。

「ブルーオーシャン」は未知なる大洋へ挑む素質であり、これに対する言葉は「レッド・オーシャン」つまり「血の大洋」即ち日本の現状は偏差値受験競争、勤勉出世競争、などに見られる血で血を洗う競争社会のレッドオーシャンになっていないかと。

 茂木さんの説得力のある極めて平易な言葉の語りは心に深く残る。

ブルーオーシャン2.jpg

新しもの好き [スロウな感動]

永らく眠っていたブログを根っから改定し、アラサンジュ と名づけて復活させた。 登録時のe-mailアドレスを変更したので、パスワードを変えようがなかったのだ。 自動記憶したパスワードが自分にも読めなかったのを、四苦八苦してようやく突き止めることが出来た。

アラサンジュ、とは <あらかた傘寿> の積りで、ここまで至っても煩悩が去らず、見ること聞くことに興味を感じたい様を発信して、自らも感動したい。 要するにマッチポンプみたいなものか? マッチポンプとは、自分でポンプを動かし水を汲み上げ、組み上げた水を動力にして、水を汲み上げて、永久に止まらないポンプである。他の仕事は全く出来ないし、ポンプの摩擦や、水の蒸発があれば止まってしまう。
IMG_2008.JPG

ボックスカー [あったらいいな!]

エレクトロニクスのデジタル技術のごく基本に通称ボックスカーと呼ぶ回路があるんだ。 アナログ量の信号を短い時間送る(パルスという)と、その値を時間幅広い信号に変えるんじゃ。

この信号の列は丁度ダンボール箱(もともとアメリカでは木の石鹸箱だったという)で作ったおもちゃの車をつないだように見えるから、ボックスカーというアダ名が付けられたという。その昔、アメリカ社会で子供に石鹸箱で玩具カーを作っていたことから、この愉快名がついたのは楽しい。

2013-09-10 008.JPGとうとうワシも、若返ってオモチャが要るようになったのじゃー。 充電電池で動く。試したことはないが、フルに充電して歩行速度で音も無く30kmは動くという。人間並みのオモチャで免許も不要の立派に介護用品だ。洋光台は坂が多いから通院の時大助かりじゃ。転ぶ心配がないのもいい。僕のボックスカーだ。 買えば高いが介護保険でレンタルで貸してくれる。つまりが、介護されているわけだ。

今が一番。 [スロウな感動]

色々夢見てきたが、結局辿り着いた今が、宇宙の大いなるお方の意思で、自分にも相応しい生き様なのだと納得である。

足が疲れ易くて長くは歩けなくなったが、歩けない訳では無いし、むしろ歩いて転倒するのを戒めてくれているのかもしれない。

シカゴに住んでいる高校時代の友人が、僕の歩けなくなったことをボヤクブログを見て、心配して聖書の言葉をメールで送ってくれた。 熱心なクリスチャンで老いてから別の友人を介してメールを交わすようになったのである。


ピリピ書 4章6ー7節

どんな事でも、思い煩うのわやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをイエスキリストによって守るでしょう。

Philippians 4:6&7

Be angxious for nothing, but in everything by prayer and supplication, with thanksgiving, let your request be made known to God; and the peace of God, which surpasses all understanding, will guard your hearts and minds through Christ Jesus.

僕はクリスチャンではないが、聖書は拾い読みをする。この節は知らないけれど、読めば素直に納得する。 自分の弱さも納得する。
nice!(0)  コメント(0) 

もしも北海道恵庭に住んでいたら [人生塞翁が馬]

一度は、老後に北海道の恵庭市に住もうかと思っていたことがある。 赴任先で単身赴任にはでか過ぎる4LDK以上のマンション社宅に、住んだが、勿体無いので、小さいマンションを買った。 バブル期の前で街にホテルを建設する話が持ち上がって、街を上げて投資気分があった。 そのうち、バブルが弾けて、急に銀行がおかしくなって、倒産騒ぎになりホテル計画も挫折して、投資もパアになった。

あの小さいマンションにそのまま今すんでいると仮定しょう。 病院の検診は何時もの通り、恵庭病院である。自宅マンションから車で15分ほどだが、今だとタクシーかバスだが、バス便は当時は無かった。 JRで一駅あるから、電動カートで通うには少し無理がある。近くの第1病院に変えるのが妥当だろう。
日ごろの買い物は近くに大きいスーパーがあったから、経営者は変わっているとしても今でもまだあるだろう。 夏は花火はマンションベランダから眼下に見えるし、温泉も電動カートで行けるから、毎日温泉に入れる。
JR駅までカートで行けるから、札幌に遊びに行くには快速電車で30分である。千歳→恵庭と快速も停まり、札幌は近い。

問題は冬の雪である。雪かきはしなくても良いだろうが、スキーも出来ない身障者が出歩くには無理だから、近くのカフェや飲み屋に行くことになる。温泉に行くにもタクシーしかないからビンボー年金者には住みずらい。

nice!(0)  コメント(0) 

もしも故郷に住んだら [人生塞翁が馬]

僕が今の身体の状態のまま、故郷に住んでいるとしよう。 今日11時半に長門病院の定期診察があるとする。高校のとき住んでいた親父の家にいる僕は、免許返納だから多分家の前にバス停がある長門行きバスに乗るだろう。 長門に着くと長門病院行きバスがあるだろう。処方が病院でも出来るなら、薬を受け取って、帰りも同じようにバスで帰る。バス代は市が払ってくれるだろう。

偶には油谷に住む従兄弟たちに会いに行きたい。弟や弟家族に車で送り迎えが頼める便があればよいが、普通は下りバスでJR人丸駅まで行き、タクシーで渡場まで行く。タクシーは高いから歩きたいが生憎今の僕には1km以上は歩けないから、電話をかけて誰か迎えに来てもらえれば行くし、忙しいなら人丸駅周辺で絵でも描いて帰りのバスを待つ。

帰りに、長門古市駅前で降りて、近くのスーパーマーケットに時間をかけて歩いて行き、新しい魚でもあれば買って次の1時間後のバスを待つ。
故郷ではカートは古市に行き来するだけに使えるだろう。後は、長門市に行き来には走行距離や時間など性能的には使えようが、途中で車にはねられる危険と、所要時間から使えないだろう。 ましてや、千畳敷の景色を見に行くなんてことは、誰かに連れて行ってもらわない限り、無理である。

カートの目線から [スロウな感動]

どうにも長距離(と言っても健常者の長距離とは違うが)が歩けなくなったショックは大きい。 この間まで、歩いていた距離が遠くなったのだ。 どうしてか判らない。車を使えば、何でもない距離だろうが、免許はトウの昔に放棄した。と言うより、家族が運転して欲しくないのだと思う。

試しに、電動カートを利用することを考えた。車両では無いから、免許はいらない。人と同じ扱いだそうだ。 今日、駅前自転車預かりのおじさんに聞いてみると、市からは自転車とバイクだけが預かる対象にするようにと言われているといっていた。 人間と同じ格なら、駐車ではないのだろう。ということは、どこへ停めても構わないという事かも知れない。

都会に住む我々と、北海道恵庭の町に住んだと仮定し、ふるさとの長門市の田舎に住んだと仮定して、しばらく電動カートの生活を考えてみたい。都会では便利なようだが、田舎の老人仲間たちの苦悩を思うのだ。

私の山奥の概念を修正 [スロウな感動]

60歳代で北海道に赴任して、4輪駆動車を駆ってほとんど全道を走り回った。北海道は広いには広いが人の住んでいる山奥と言うのは限られているように思う。

車で行ったことがないのは四国だけで、九州も本州も主だったところはみんな行ったと思っていたが、今回のスケルトン旅行で認識不足を痛感した。 本州の紀伊半島を含む地点や本州の幅が最も広い福島県の山々の深さをバス旅で実感した。 渓谷沿いの国道を休み無く2時間以上走って、山奥の集落に達するのには驚いた。 ここでは、太平洋から日本海までバスや車で横断するには何日も掛かりそうだ。20130719takatsue 069.jpg

僕の故郷山口県の長門の山々の奥俵山や西市の豊田湖などは、山奥だと言う印象だったが、丸で違うのだ。 東北新幹線の最寄り駅那須塩原駅から専用バスで2時間以上坂道を登って行き、やっと南会津地方のたかつえ高原スキー/温泉リゾートに着く。 代々続いてきた前沢曲がり屋集落に見る人々の生活も、馬が車に変わって、テレビが来た他は、あまり変わっていないのではないかと言う気がする。 スキー客だけが生業であるかの民宿旅館、ホテルの集落は厳しい現実があろう。


真鶴の中川一政美術館 [美術館]

最近ひょんなことから中川一政の随筆を読み漁っている。それも、図書館にも遠いし、本を買わずに、お金が掛からない文庫版の古本を買うのが癖になった。

読み進めるうちに、中川さんの美術学校を出ていない画家の書画に対する芸術家魂に打たれた。 今回の前の最近行ったのはもう14,5年前かと思う。 家の最寄りバス停のバス時刻から、湯河原駅一つ手前の真鶴駅到着が、丁度1時間30分だった。 11時半に魚市場の上階の「さかな座」というさかな専門の料理店で、新鮮な魚を食うのも、楽しみだ。 刺身料理定食とアジ料理定食を取って昼食を済ませて美術館にバスで行く。
20130629manaduru 006.jpg
中川さんの絵は力強くて自由で良し俺もと力が沸く気がする。良いものはただ良い。それでいいのだ!と言っているようだ。 彼の随筆がそれを語っている。

帰りの電車は丁度「快速アクティ」東京行きで、帰りは最寄バス停着が1時間20分だった。
nice!(0)  コメント(0) 

HP引越し格闘 [スーパー・エイジのPC道楽]

windowsXPマシンでIBM社のホームページビルダーを使ってここ十年4~5個のウエブサイトを管理してきた。 自分が死んだら御名御璽(終わりのこと=かっては天皇のサインで勅命が終わったから)、後はどうなれどうなれたい、である。
しかし、死ぬまでは生きた証を残しておきたい。馬鹿な話だが、一応屁みたいなツブヤキだが、ホームページはDVDに時々バックアップして、ブログは1~2ヶ月に1回紙にプリントアウトして置くようにしている。 読む人もないだろうが、孫のヒロ君でも後年読んでみるチャンスがあるかも知れない。なければそれでも良い。
IMG_3055.JPG
ところが、windowsXPは来年4月に実質上フェーズアウトする。マイクロソフト社が面倒を一切見ないと宣言した。 使えなくは無いが、ウイルスがはびこっても、社では対策は打たないと言うのである。 すべての製品には商売上の製品刷新が必要だから仕方ないことだ。

分かっているけど、こっちは残り寿命わずかになっても、新しいパソコンを買うのは痛い。ましてや、今まで使ったり、貯めたりしてきたソフトを新しくするのも、イタタ!イタタ!である。
ホームページを編集するソフトもIBMのビルダーを引き継いだという「ホームページV3」に換えたが、これがまた今までの方式がまるで違うのだ。現代では、メモリー容量が比較的安く大容量が手に入る所為か、作業過程をみな残しながらだから、あっという間に「容量が足りません」と警告が出る。 このごろは、マニュアルもコストを下げるために、電子化されているので読まないで進めることが多い。 だから、仕掛けを理解するのに試行錯誤でやる。読んでも、煩わしいから寧ろ良いことも多い。

2日ばかり新しいパソコンと格闘して、ホームページがやっと元通りか、少し進歩した体裁になった。 今度は、内容を充実させなければならない。つまり、自分の生き方なのだ!
nice!(0)  コメント(0) 

パソコン騒動その後 [スーパー・エイジのPC道楽]

ワシがwindowsXPパソコンからアップしている5つのホームページを、何時死ぬかは分からないが、死ぬまでは維持しようと、バックアップしながら改訂するためにwindows7に換えた話はこの前書いた。

今まで使ってきたアプリケーション・ソフトウエアーをなるべく使いたいのだが、ホームページ編集用のソフトは買わざるを得なかったが、もう10年位前から使っているスキャナーが使えないことが分かった。 TWAINというスキャナーを動かす元になるソフトは、それぞれに独特の構文を持っているらしくインストールも出来ない。むなしく格闘すること1日、ついに交代したパソコンの再お出ましになった。

ああ、3台のパソコンを展開する場所(机)もない!

Windows7に変えてから [スーパー・エイジのPC道楽]

 新しくソフトを買わなくて済むように、Windows7でも(32ビットのXPモード・プリインストール)を調達したが、HPビルダーというソフトは使えないことが分かった。  新しくHP編集ソフトを買う羽目になった。本日、新しいソフトと格闘して、今インターネットで動いている3つのホームページを更新することが出来た。

アトリエ家庭菜園」、http://www.geocities.jp/pcwnh186 「kamomeESS」, http://www.geocities.jp/kamome396 「三宅明記念ギャラリー」, http://www.geocities.jp/meikakai である。

これで一安心だ! 新しいパソコンは早くて安定していて気持ちが良い。

パソコン更新の決断? [スーパー・エイジのPC道楽]

2年前に大腸がんが見つかってから、一旦は覚悟したが、まだ生き長らえている。 windows XPがフェーズアウトするのが、2014年4月だというから、そこまでは現在のデスクトップとノートの2台のXPマシーンでお茶を濁すつもりでいたが、どうもこの分だと来年の春以降もホームページを維持することになりそうだ。

そうなると、中古のマシーンを探すのも難しい。第一にもうwindows7 の趨勢は64ビット時代になっている。 そうすると、今まで営々と貯めてきたホームページビルダーほかのソフト類がほとんど使えなくなる。 残りわずかな余命に新規にソフトを足すのは無駄と言うものだ。 今のところ適うのは、DELLの32ビットwindows7でXPモードプリインストール済みマシーンしかない。 若ければやり直しの手も有ろうが・・・。

インターネットで検討した挙句、少し早いが、注文を掛けた。この手は品不足になってからでは遅い。 3日目には入荷した。今まで騙しだまし使いこなしてきた、オンボロマシーンから上手く引き継いで、おさらばする作業が楽しめる。

nice!(0)  コメント(0) 

左手用カメラ [有ったらいいな!]

利き腕の右手が上手く働かない僕のようなモンには、左手用のカメラが欲しいと探してもどこにも無い。 シンプルゴルフクラブと違って、右手用左手用を作るとコストがほぼ倍になるからだろう。 カメラは大体がグリップもシャッター・ボタンも右側に付いている。 僕のように右手が使えないモンには、左手をフルート演奏のように、カメラの下側で体の前を交差させカメラのグリップを持つしかない。そして、同じ手の指でシャッター・ボタンも押す。

ピストル型グリップや、ビデオ・カメラのように左手に手の指をベルトで巻きつけるタイプのカメラもあるが、右手でシャッター・ボタンは変わらない。 幸か不幸か、一眼レフのような重たいカメラも使えない。 CASIOcamera.jpg フルート持ちカメラに困るのは、広角レンズとフラッシュ・バルブの位置である。CANONのように最左側にフラッシュ・バルブが付いていれば良いが、CASIOのようにレンズとシャッター・ボタンの間に位置すると、カメラを持った手でフラッシュの光を覆って遮リやすい。 広角レンズでは持った手が視野に入り易いなど、健常者には分からない苦労がある。

カメラ・ダウン [スロウな感動]

今まで使ってきた2個のカメラの内、カシオのEX-Z1200というカメラがダウンした。 もう1つのcanonのPowershotーA530は健在だが、どちらも広角レンズでない。

EX-Z1200がダウンしたのは過充電でバッテリーがダウンしたようだ。 このカメラのバッテリーはこのカメラ用の特殊な専用バッテリーだから、大枚をはたいて買わなければならない。 広角レンズのカメラが欲しいと思っていたから、カメラを買い換えた方がいいかも知れない。
A1400.jpg
旅先での電池切れには何度か悩ませられたので、腕時計と同じくバッテリーで縛られるカメラはいやだ。 広角レンズと単3電池仕様で安いこと、左手片手で使うからレンズと右側のシャッターボタンの間にフラッシュバルブ窓がある機種はまずい(カシオはこの点でも失敗だった)。そして、1万円以下で買える事! カタログを熟読してPowershotA1400を選んだ。もう1つの候補はPowershotA210があったが少し高い。 Amasonで注文したら、2日後には到着した。 小さくて軽いから片手サウスポー・カメラマンには満足である。
nice!(0)  コメント(1) 

僕のパソコン [スーパー・エイジのPC道楽]

今僕が管理しているパソコンは3台である。その内、最新のwindows7の1台は、僕が居なくなってもパートナーのジンが、さしあたり困らないように、ジンが使って僕がメインテナンスをする。

20130410flow 002.jpg自分が今使っているのが、windowsXPの2台である。e-machines社のデスクトップは本体が3万円のチープ・マシーンだ。3年ほど良く働いて満足だったが、レジスタークリーンというソフトでパソコンを早くしようとして、警告を無視してボタンを押した途端に、パソコンで重要なレジスターが壊れてしまった。 バックアップ・リカバリー・デスクで1から出直したが、ドライバーデスクがうまく行かず、音声とDVDドライバーがうまく働かない。

一方、前々から、このe-machinesで編集していた自分のホームページを、まさかのときにバックアップするために、中古のToshibaのJ63というノートパソコンを1万5千円で買っておいたので、とりあえずホームページ維持は問題なかった。 しかし、これはDVDデスクが古い。組み込んであるオフィスソフトがKINGという簡易ソフトで、不便なところもある。

それぞれのパソコンの得意、不得意があることがわかってきて、写真を扱うのは主にデスクトップ、ホームページはノート、スキャナーとプリンターは1台ずつを両方で使う、DVDドライバーも外付けを共用、という風に得意な作業を振り分けて使う楽しさがある。

何時死ぬかわからない、こんなジイさんに、今更、高価な新しいパソコンを買うのも無駄と思えるし、タブレットやスマホに手を出すのも勿体無いから、当分手持ちのマシーン全部で、まともなパソコン1台と思って、満足するのが愉しい。

郵便受け修理 [スロウのエコ志向]

長年使っている我が家の郵便受けのプラスチックの裏蓋が壊れて数年になる。簡単な構造だが、交換用の蓋が手に入らない。 今の日本では。ほとんどの道具は実質的に使い捨てである。勿体無い話だ。 国民は自国に資源がないことを忘れている。また、修理も自分では出来ないと思っている

壊れた郵便受けは、ガムテープで応急修理して数年過ごしたが、また壊れた。 買い換えるのは勿体無い。我が家には、自分たちと、息子たちの家庭と2所帯用の2個のポストがある。 息子宅のポストが壊れているが、子供の学費が必要でポストには手が回らないだろう。何とかしたい。
20130415GGolf 003.jpg
自分は片手だが、頭で工夫するしかない。長年の工作経験から、プラスチックの接着は普通のボンドでは出来ないことも知っている。母ちゃんの運転の車でKO-D2の店に連れて行ってもらい、金属製の補強既製品の当て金属板を物色した。プラスチック接着剤も買った。

接着剤の乾燥を含め、丸2日の修理が終わって、孫と孫の父に取り付けさせようとしたが、土曜日は孫に野球があるから父だけで済ませた。ありあわせの古いワッシャー数個をプラスチックの割れ目裏表に補強したり、その上からアルミのフォイル・テープを、外見直しと補強に添えた。 外見は悪いが、補強もしっかりと、片手の工作にしては、うまく行った。